2017年03月24日

錐体外路症状 ブログで授業(学生向き)

統合失調症を薬物で治療する際、錐体外路症状が生じることがあります。どのような症状が生じうるのかを、医師や看護師はもちろんのこと、医学生も看護学生も理解しておく必要があります。

錐体外路症状には、運動が減るパーキンソニズムと、運動が増える症状(アカシジア、ジスキネジア、ジストニア)があります



錐体外路症状で最も多いのがパーキンソン症候群です。



ジストニアとジスキネジアは、概念も用語も似ているため混同しやすいものです。きちんと見分けられるようになりましょう。筋肉が引っ張り続けてしまうのがジストニアで、筋肉が動き続けてしまうのがジスキネジアです。"tonus/tension"は緊張、"kinetic"が運動を意味することを知ると、この二つを混同せずにすむかもしれません。



足がムズムズして座っていられなくなるのが「アカシジア」です。"a-"は「無」を、"káthisis"は「座る」を意味し、座っていられなくなるのがアカシジア。



まとめて4分間で解説しました。
ラベル:統合失調症
posted by ぷしこノート at 20:52| 精神科ブログ講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする