2017年03月08日

てんかんとうつ病 ブログで授業(プロ向け)

てんかん患者において見過ごされがちなうつ病。実際にはてんかん患者にはうつ病が一般の約2.8倍と多く、23%に存在し(Fiest et al., 2013)、てんかん患者の自殺率は一般に比べて22%高いといいます(Tian et al., 2016)。必要に応じて抗うつ薬による治療が行われるべきでしょう。

その際、薬の使い方に注意すべき点はあるのでしょうか。三環系抗うつ薬は、てんかん発作の頻度を上げるため、てんかん患者に用いられるべきではありませんが、SSRIやSNRIは安全に使用できると考えられます(Cardamone et al., 2013; Castaño-Monsalve et al., 2013]。SSRI/SNRIの中でも、bupropionとシタロプラムはけいれん発作がいくらか多い傾向ですが、他の新規抗うつ薬が使用された患者は、プラセボが使用された患者に比しててんかん発作が少なかったといいます(Alper et al., 2007)。

EEG.jpg

ただ、抗うつ薬により低ナトリウム血症が生じることがあり(「抗うつ薬で低Na」)、けいれん発作を引き起こしうることには注意が必要でしょう。

抗うつ薬によるけいれん発作について(専4-53, 7-55)は精神科専門医試験で出題されています。

posted by ぷしこノート at 16:27| 精神科ブログ講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする