2017年03月20日

世界の神医学の歴史 ブログで授業(学生向き)

幻覚や妄想などを主体とした精神障害は、古くは悪霊や動物などが憑いたものと考えられ、ときには信仰の対象になることもありました。

ヒポクラテス (Hippocrates, 紀元前4-5世紀)が、すべての病気を血液、粘液、黒胆汁(こくたんじゅう)、黄胆汁(おうたんじゅう)のバランスの乱れと解釈する医学、体液説を提唱するようになり、精神障害も医学の対象とされるようになりました。うつ病を扱う際に「メランコリア」と呼ばれる概念が今でも扱われていますが(DSM-5)、皮膚の黒い色素がメラトニンと呼ばれるように「メラ」は黒を意味し、コレステロールの「コレ」と同じく「コリア」は胆汁を意味し、うつ病は黒胆汁によって生じる病気と考えられていました。てんかんは「神聖病」と考えられていました。
taieki.jpg

中世には、主にヨーロッパで魔女狩り Witch-Huntが始まり、数万人が殺害され、その8割が女性だったといいます。その中には精神病者も多数含まれていただろうことは想像にかたくありません。
Daemonologie1.jpg

十字軍遠征で生じた傷病者に対応する施設としてパリで神の家 オテル・デユー Hotel Dieuが作られました。そして、魔女狩りが終息した後、1660年頃より精神障害者を受け入れ始めたのです……そう、精神病者が再び医学の対象とされるようになったのです。
Hotel_Dieu_in_Paris_about_1500.jpg

精神障害者は収容され自由を奪われていた中、ピネル(Philippe Pinel, 1745-1826)が精神障害者に対する人道的な扱いの実践「鎖からの解放」の運動を起こしました。
640px-Philippe_Pinel_à_la_Salpêtrière_.jpg

アメリカではビアーズ(Clifford W. Beers,1876-1943)が精神保健福祉について活動を展開していました。彼自身、就職後3年でうつ病に陥り自殺企図に及び精神病院に入院しました。当時の精神病院で粗暴で高圧的な患者の扱いを見て、退院後に手記を書き1908年に『わが魂にあうまで』を出版しました。
286px-Title_page_of_-A_Mind_That_Found_Itself-,_1917_Wellcome_L0015129.jpg

歴史の中から精神医学を見直すと、今の精神医学も少し違って見えてくるかもしれませんね。
posted by ぷしこノート at 16:34| 精神科ブログ講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする