2017年08月01日

双極性障害へのドパミン作動薬 プロ向き

 双極性障害の治療は炭酸リチウムやバルプロ酸、ラモトリギンなどの気分安定薬で行われます。それでも抑うつ状態が生じることは多いもの。そんなとき、どんな手があるのでしょうか。

 抑うつ状態にある双極U型障害21名を6週間観察し、プラセボで9%、プラミペキソールで60%に改善が得られたという報告(Zarate et al., 2004)、双極性障害22名を6週間観察し、プラセボで20%に、プラミペキソールで67%に改善が得られたという報告(Goldberg et al., 2004)、プラミペキソールで双極性障害の44%に治療反応が得られていたとする報告(Perugi et al., 2001)、双極性うつ病の50%に改善が得られたとする報告(Sporn et al., 2001)があります。まとめて言えば、双極性うつ病にプラミペキソールを使用すると半数で改善が得られると言えるでしょう。

 ただ、躁状態が生じた症例報告があり(Bet et al., 2013)確実に安全とはいえませんし、長期的に有効なのかも不明です。双極性障害の人が抑うつ状態にあるとき、少なくとも数週間の間、プラミペキソールなどのドパミン作動薬を使ってみるのも手かもしれません。
posted by ぷしこノート at 18:57| 精神科ブログ講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

パニック症と妊娠

 パニック症は女性は男性よりも2倍多く、若年女性であれば妊娠する可能性があります。パニック症の人が妊娠したとき、どのようなことが考えられるでしょうか。

 パニック症の人に35%二酸化炭素を吸わせることで61.4%にパニック発作が誘発されるといい(Nardi et al., 2007)、パニック症だと青斑核の二酸化炭素の感受性が亢進してしており、二酸化炭素はパニックを誘発します。そして、妊婦は胎児の成長に伴い肺が押し上げられ呼吸能が軽度低下する傾向にある中、二酸化炭素の量は増え、パニック症が増えることが危惧されます。

 ただ、実際にはパニック症の人が妊娠したとき、43%は改善、33%は悪化、23%は不変だったといい、妊娠中にそこに一定の傾向は無いようです(Northcott & Stein, 1994)。ただ、産褥期には63%が悪化したといい、出産後には一時的に悪化すると考えておくといいでしょう(Northcott & Stein, 1994)。妊娠中にパニック症が新たに発症する率は1.3%といい(Güler et al., 2015)、そう目立って多くは無さそうです。

panic pregnancy.png

 パニック症はSSRIなどの抗うつ薬で治療されるもので、妊娠中のSSRI使用に伴うリスクについて考える必要はありますが、大きなリスクは無い薬。その薬物治療を続けるのであれば、パニック症の人が妊娠したときには、出産直後の一次的な悪化は予測されますが、全体を通してそう心配するものではないのかもしれません。
posted by ぷしこノート at 19:14| 精神科ブログ講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

妊娠中のバルプロ酸

バルプロ酸は、気分安定薬や抗てんかん薬として臨床ではよく用いられる薬です。このバルプロ酸、妊婦にはオススメできません。

妊娠中に1,000mg以上のバルプロ酸を服用していると、そのときの児が3歳になったとき、IQが10以上低くなるといいます(Maedor et al., 2009)。このとき、低用量の低用量のバルプロ酸では低下は目立たず、カルバマゼピンの影響は少ないようであり、ラモトリギンの影響はほぼみられなかったといいます。

また、一般的には1万人に6人ほどの割合で生じる神経管閉鎖不全(二分脊椎や無脳症)が、妊娠第T期のバルプロ酸服用下で出生した児では1.5%に生じるといい(Lindhout & Schmidt, 1986)、バルプロ酸の使用で二分脊椎のリスクは12.7倍になるといいます(Jentink et al., 2010)。

nibunsekitui.jpg

妊娠の可能性がある若年女性のバルプロ酸の使用は避けた方がよく、使用するとしても量は少ない方がいいようです。ただ、バルプロ酸の摂取で葉酸が低下するといい(Karabiber et al., 2003)、一般的に妊娠の際、葉酸を摂取していると二分脊椎のリスクは低下するといい(MRC Vitamin Study Research Group.1991)、もしバルプロ酸を使わざるをえないのであれば、前もって十分な葉酸サプリメントを併用しておくべきでしょう。


『気分障害ハンドブック』p.179-80でも、二分脊椎のリスクにつき扱われており、参考になります。バルプロ酸の二分脊椎のリスクは、精神科専門医試験にも繰り返し出題されている重要な事項です。

posted by ぷしこノート at 09:12| 精神科ブログ講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

心理教育の目的 医療系の学生からプロまで

心理教育とは、Andersonらにより『分裂病と家族』で提唱された、統合失調症につき患者本人や家族に説明するものから始まり、精神障害などの受容しにくい問題を持つ人たちに、正しい知識や情報を心理面への十分な配慮をしながら伝え、病気や障害の結果もたらされる諸問題・諸困難に対する対処方法を修得してもらい、主体的な療養生活を営めるよう援助する技法です(心理社会的援助プログラムガイドライン)。精神医療では、様々な精神障害が対象となりますが、やはり最もよく語られているのが統合失調症に対するもの。そんな心理教育の目的について、統合失調症を中心に挙げてみましょう。

【インフォームド・コンセントの一部として】
インフォームド・コンセントの要素、「医療者による説明」「患者の理解」「患者の自由意思による同意の決定」の3つのうち2つ、すなわち医療者が説明し患者に理解を得る点が心理教育に含まれています。

【治療への動機づけを強めるため】
患者さんも「薬を続けろ」と言われただけで、薬物治療を続けようと十分には思えないもの。なぜ薬を続けた方がいいのかを理解してこそ主体的に治療を継続できることでしょう。実際、心理教育を受けた人の方が、治療を適切に継続できていたといいます(Xia et al., 2011)。

ICとして.jpg

【病識を強めるため】
身体の病気と違い、精神障害はしばしば自分では病気について気づきにくくなるものです。自分の何が病気の症状なのかを知ることは大切なことです。また、病気について適切に知ることは自らの病気のスティグマを軽減するといいます(Uchino et al., 2012)。

【症状を外在化するため】
自らに起きる心の変化について、病気の症状と客観的に理解することを促しすことができます。「死にたい」と思うより「希死念慮が出た」と思える方が、「電波で命令されている」と思うより「幻聴が聴こえている」と思う方が、その症状の行動化などの問題を減らし、症状による苦痛を減らし、認知の変化の余地を与え、症状自体を軽くする可能性もあります。

gaizaika.jpg

【再発/再入院を減らすため】
これまでに挙げた様々な要素による結果として、再発や再入院を減らすことができるといいます(Xia et al., 2011; Zhao et al., 2015)。


統合失調症について理解を深めるための専門書『統合失調症のみかた、治療のすすめかた』もどうぞよろしくお願いいたします!
統合失調症のみかた,治療のすすめかた -
統合失調症のみかた,治療のすすめかた -
posted by ぷしこノート at 15:28| 精神科ブログ講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

こころのバリアフリー宣言とは ブログで授業 看護学生向き

 精神に限らず様々な障害を持つ人が世の中に沢山いる中、障害者でも一般の人たちと同等の生活を送れるような社会にする「ノーマライゼーション」。精神障害におけるノーマライゼーションを実現すべく、厚労省から2004年に出されたのが「こころのバリアフリー宣言」です。その中心となる考えは「精神疾患への偏見をなくすための正しい理解の促進」です。

 というのも、精神障害者に対する否定的な見かたは残念ながら一般的に存在し(中村, 2001)、一般市民の抱く否定的な見かたが精神障害者の社会生活に悪影響を与え(山口ら, 2011)、ノーマライゼーションを困難なものとします。
 しかし、一般市民も精神障害について知ることで、精神障害に対する認識が改善するといいます(玉里&竹島, 1998)。

bariafuri.jpg

 以上のように、こころのバリアフリー宣言により、精神障害に対する社会的な認識を改善させることが、精神障害者の社会生活を改善させノーマライゼーションをもたらすと考えられます。精神医療に関わる人、看護学生などは、きちんとこの概念を理解しておきましょう。

posted by ぷしこノート at 14:36| 精神科ブログ講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする